【ドイツ式少年サッカー練習メニュー】認知を伴うコーンドリブル【ジュニア中学年〜高学年】

U-10(中学年)向け練習メニュー

こんにちは!プロサッカー指導者のふみやです。

今回は、YouTubeで人気の練習メニューをテキストで紹介していきます^^

ドイツ式の”コーンドリブル

いわゆる、DFなどがいない状態で行う基礎のドリブル練習ですが、少しの工夫で認知する要素が入っていて、顔を上げてドリブルをすることが求められる練習へ変えることができます!

ドイツのドリルトレーニングは、頭を使う要素や認知(周りを観る)ことが求められる練習が多く、非常に参考になりますね^^

ぜひ参考にしてみてください!

動画での解説はこちら⏬

【ドリブル練習】ドイツのドリブルトレーニング 認知が伴うコーンドリブル【サッカー練習メニュー動画】
#サッカー #練習特別価格で販売スタート⏬ジュニアサッカー指導の教科書 ~プロサッカーコーチ10年間のすべて~練習メニュー説明動画ドイツのドリブルトレーニングコーンを使ったドリブルトレーニング(コーンドリブル)ですが、周りを観る...




僕の指導者としての10年間を詰め込んだ渾身のnoteを販売スタートしました!

書籍化予定のもので、今なら特別限定価格で購入できます!

ジュニアサッカー指導の教科書 ~プロサッカーコーチ10年間のすべて~

https://note.com/kanofumiya/n/na931b48827c3

練習メニューの説明

それでは練習メニューの説明に入っていきます!

パターン①

図のように、4箇所のスタート位置をつくり中央に向かってコーンを並べます。

ここでは3つコーンを並べていますが、実際は4つで行っています。

子どもたちはマーカーのところ4箇所に並びます!

コーチの合図で、4人同時にスタートし、

中央に向かって、コーンをジグザグにドリブルします。

中央まで来たら、そのままドリブルで直進し、対角のマーカーまでドリブルをします。

この時、中央で4人が交差するので、顔を上げて周りを観ながら衝突しないようにドリブルする必要があります。

最初はフリーで行い、その後は

・片足のみ

・インサイドのみダブルタッチ

・アウトサイドのみ

・ボールタッチ

など、ジグザグドリブルのところを色々と指定を行うのも良いと思います^^

パターン②

次のパターンでは、ドリブルで中央を交差するところまでは同じで、

中央を通過した後、対角の列に並んでいる一番後ろの選手へパスを行います!

パスを受けるために、一番後ろの選手はボール無しで待つようにしておきましょう。




指導のポイント

①顔を上げて周りを観る

一番の大切なポイントは、しっかりと顔を上げて周りを観ながらドリブルをすることです!

他の3人の選手の動きを観て把握しながらドリブルを行えるように指導していきましょう!

②ドリブルスピードは速く

周りを観るために、ドリブルスピードがゆっくりになってしまう選手がいると思います。

選手のレベルによっては、難しければ最初はゆっくりからスタートしても良いですが、慣れてきている場合はドリブルスピードにも拘ってトレーニングしていきましょう!

秒数を指定し「5秒以内」などの条件を付けることもオススメです^ ^

③パスは受け手を観て合わせる

パターン②で、パスを入れた時に、待っている選手が受ける準備を忘れていたりすることがあります。

その時に、よくある現象として”準備ができていないのにパスを出してしまう”ということがあります。

試合では、相手が準備ができていないのにパスを出すことはありません。

しっかりと相手の状況を観てパスを出すことを促していきましょう。

※もちろん、受け手の準備も忘れないように促しましょう!

まとめ

今回はYouTubeで人気だったコーンドリブルの練習を紹介しました!

コーンドリブルのような基礎練習でも、少しの変化を入れるだけで周りを観る事や頭を使う要素を入れることが可能です!

基礎練習でも、実践を意識したトレーニングを行えるようにしていきましょう^^

参考になったと思っていただけた方は、記事をシェアしていただけたら嬉しいです^^

目的別のトレーニングプランをまとめたブログ記事もつくりました!

【高学年向け】少年サッカー・ジュニアサッカー練習メニューまとめ【目的別トレーニングプラン】
こんにちは。プロサッカー指導者のふみやです!今回の記事では、少年サッカー・ジュニアサッカーにおける目的別のトレーニングプランを紹介していきます!対象は高学年向けとなります^^...

ぜひ参考にしていただき、日々の指導現場で活かしてもらえたら嬉しいです^^

では




先日、乾選手所属時代の野洲高校、セゾンFC、京都マッチーズなどの指導を学び、「個」を磨く指導法をメソッド化している指導者の方と出会いました^^

僕自身も現在学んでおりパーソナルレッスンや、夏休みに行うドリブル塾、普段のチーム・スクールでのトレーニングに生かせることが多々あります!

『個』育てメソッドが学べるメルマガはこちら⏬

https://forms.gle/8byzc9cvPBMKK9f68

無料で貰える特典がすでに勉強になります。

特典の「メッシは生み出せる」の動画が面白かった!

☑︎子どもの自主練に付き合ってあげたいけど何をしたらいいか分からないお父さん

☑︎プロのサッカーコーチになりたい方

☑︎サッカー教室を始めたい未経験者・初心者コーチ

などにオススメです^^


僕の指導者としての10年間を詰め込んだ渾身のnoteを販売スタートしました!

書籍化予定のもので、今なら特別限定価格で購入できます!

ジュニアサッカー指導の教科書 ~プロサッカーコーチ10年間のすべて~

https://note.com/kanofumiya/n/na931b48827c3


YouTubeで練習メニュー解説動画などを発信しています!!

ぜひチャンネル登録をお願いします^^

https://www.youtube.com/user/fumiya1428

オンラインパーソナルレッスンやってます⏬

ZOOMオンラインサッカースクール・サッカーレッスン【個人レッスン・パーソナルトレーニング】
※狩野のパーソナルレッスンはキャンセル待ちとなっております。すみませんが、希望の方はご連絡の上お待ちください。複数でのレッスンは現在行っておりません。パーソナルレッスンのみ受付中です⚽️...

人気記事⏬

子どものやる気・モチベーションを引き出すコーチング(声かけ)
子どものやる気を引き出したい指導者の方、お父さんコーチ、保護者から、「うちの子がやる気になってくれない。」「うちのチームの子がモチベーションが上がらない。」そんな相談を受けることがあります。どうすればやる気になってくれるの...
少年サッカーの適切な練習量は?【ドイツの育成年代の練習量・練習時間から考える】
プロサッカーコーチのふみやです。少年サッカー・ジュニア年代での適切な"練習量"について、保護者の方からご質問があったので、ご返答を共有します!動画はこちら⏬ ...
【試合で緊張しない方法】試合で実力を発揮する5つの方法とは【サッカー・スポーツ】メンタルを鍛えるためのオススメの本も掲載
試合で実力が発揮できない…「練習では良いプレーができるのに、試合になると緊張してしまってパフォーマンスが下がる…」そんな悩みを抱えている選手。そんな悩みを抱えているお子様の保護者様。...
「オフザボールの動き方」を小学生・初心者コーチ向けに解説!【少年サッカー・ジュニア】
サッカー・フットサル指導者をしております、ふみやです!今回は、小学生の子どもたちや、初心者コーチ、お父さんコーチ向けに、少年サッカーにおけるオフ・ザ・ボールの動き方を解説していきます!☑︎オフ...

コメント