泣ける話「十円玉の価値」

泣ける話・感動する話


円玉の価値


この話は実話で、私はこの話を読むたびに、
「価値観」や「解釈」は人によって違うことを深く感じます。


その子は、生まれながらに知的障害でした。

幼稚園は、近所の子供たちと一緒に通っていましたが、
小学校に上がると、ちょくちょく学校を休むようになり、
一年生が終わる頃には、全く学校へ行かなくなってしまったそうです。


二年生になっても、三年生になってもその子は、
学校に行こうとはしませんでした。


そして、四年生に上がる頃、父親と、母親が話し合って、
養護学校に預ける事にしました。


養護学校には、寮みたいなものがあって、
勿論、家に帰る事はできませんでした。


四年生で入ったその子は、一年生の学習から
始めなければなりませんでした。


専門の先生が、主要教科を一対一で丁寧に教えていきました。

その日習った新しい事を、毎日毎日、
その子は母親に電話で報告していました。


ほんの少しずつでは、ありましたが一年間でその子は、
たくさんの事を学び、覚えていきました。

その子を、ずーっと教えていた先生が、
ある日、算数を教えようとしてお金の問題を出しました。
「ここに、五百円玉、百円玉、十円玉、三つのお金があります。
どのお金が、一番大きなお金ですか?」
と、その子に質問しました。
十円玉
と、答えるのだそうです。先生は、
「五百円なのよ」
と、教えましたが、同じ問題を繰り返すと、
どうしてもその子は、
「十円玉」
と、答えてしまうのです。

何度も、何度も、やはり答えは、十円玉だったので、
先生は、
「五百円玉と、百円玉と、十円玉では、五百円玉が、
一番たくさんのものが買えるのよ。
だから、一番大きいのは、五百円玉でしょ?」
と、言うのですが、


その子が、どうしても違う、十円玉だと言うので、
先生は、
「それじゃ、十円玉のほうが大きいと思う訳を言ってごらん」
と、言ったそうです。

すると、その子は、

「十円玉は、電話が出来るお金。
電話をするとお母さんの声が聞けるの!」

と話したそうです。

https://amzn.to/2NUl7nW

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■オンラインカウンセリングなら日本最大級の「cotree」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・スマホ一つで、いつでも好きな場所からカウンセリングできる。

・厳選されたカウンセラーから、自分にあった人を選んで相談できる。

・1万人以上の方にご利用いただき、90%以上の方が満足。

▼詳細はこちら

オンラインカウンセリングは日本最大級の「cotree」
cotree(コトリー)のオンラインカウンセリングは、あなたに合った方法でいつでも好きな場所で受けられます。厳選されたカウンセラーと一緒に、悩みや不安に応じて、相談・問題整理ができます。ご利用いただいた90%の方が満足。わからなくて不安、なんとなく不調...という時、いつでも頼ってくださいね。


リツイートやシェアしてくれると嬉しいです!
たくさんの人が読んで、感動したり、泣いたりして、心を癒して貰えると幸いです。


感動する・泣ける話を毎週お届けするLINE@はこちら

https://line.me/R/ti/p/%40drp3790g


『ドリームファクトリー』 〜新しい未来をつくる〜
狩野文哉のオンラインサロン(ファンクラブ)です。
狩野文哉のオンラインサロン「ドリームファクトリー」
・奈良県1のチームをつくること
・地域の人・チームメンバーが集えて癒されるコンテナカフェをつくること。
そんな目標・夢に向かって取り組んでいることの裏側を公開中!
SNS運用コラムや、拡散サービスなどもやってます^^

コメント